沖縄県立中部農林高等学校TOP

造園科の最近のブログ記事

造園科・リュウキュウマツの剪定実習(令和3年度入学生)

造園科・リュウキュウマツの剪定実習(令和3年度入学生)

造園科においては、造園に用いられる植物樹木の維持管理の実習を行います。本校の校内における樹木の管理は、造園科の生徒が日頃から実習で行っています。
 今回は、剪定技術の取得を目標に造園樹木である「リュウキュウマツ」の剪定実習を行いました。
松の剪定は、通常の剪定と異なり作業の手間が多くなります。剪定などに手慣れた3年ですが、リュウキュウマツの剪定実習は、初めてでもあり、慣れない手つきで行いました。最後まで集中して実習できました。

IMG_2491.jpgのサムネイル画像IMG_2487.jpgのサムネイル画像IMG_2488.jpgのサムネイル画像

造園科・資格取得へチャレンジ(車両系建設機械運転技能講習・令和3年度入学生)

造園科・資格取得へチャレンジ(車両系建設機械運転技能講習・令和3年度入学生)

資格名「車両系建設機械運転技能講習」

造園科においては、明日の産業を担うスペシャリストの育成を目指して職業資格取得に取り組んでいます。3年生になると「車両系建設機械運転技能」の資格取得に臨みます。この資格は、科目「総合実習」の学習の一環で、造園作業や土木建設関連において「整地・運搬・積み込み用機械、掘削用機械の運転業務」を行う際、必要とされる資格です。

今回、東村にある「沖縄産業開発青年協会」で5日間の講習が行われました。朝早い集合時間でしたが、最終日の実技試験まで頑張りました。(令和5年9月11日~15日実施)

0118加工.jpg0095加工.jpg0093加工.jpg0082加工.jpg0110加工.jpg

造園科・資格取得へチャレンジ(3級造園技能検定試験・令和4年度入学生)

造園科・資格取得へチャレンジ(3級造園技能検定試験・令和4年度入学生)

資格名「3級造園技能検定試験」

造園科においては、明日の産業を担うスペシャリストの育成を目指して職業資格取得に取り組んでいます。造園作業において必要とされる知識・技術の習得を目的として「3級造園技能検定試験」に取り組みました。

2年生では、造園の専門科目である「造園植栽」「造園計画」「造園施工管理」を学び、造園業のスペシャリストとして本格的に造園について学習します。「3級造園技能検定試験」は、「造園業」に直結する資格で、樹木の名前、造園の歴史や造園材料等の知識、図面に記された坪庭を実際に施工する技術が一定以上に達した者だけが合格します。試験当日は、真剣な態度で取り組んでいました。(令和5年7月25,26日試験実施)

2002加工.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像0005加工.jpgのサムネイル画像0004加工.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像0009加工.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

丸太や唐竹を指示された寸法に切断し、1.5m×2.0mの区画内に図面通りに造園作業を行っていきます。竹垣や敷石を設置、植栽を植え付け、完成となります。制限時間2時間で完成となります。

資格取得へチャレンジ(玉掛運転技能講習・令和3年度入学生)

資格取得へチャレンジ(玉掛運転技能講習・令和3年度入学生)

資格名「玉掛け運転技能講習」

造園科においては、明日の産業を担うスペシャリストの育成を目指して職業資格取得に取り組んでいます。造園作業において利用頻度の多い「玉掛け運転技能講習」に取り組み、知識・技能の習得を目的として実施しました。

3年生は、今までも何度か資格取得に取り組んでいますが、その中でも一歩、間違えると命に直結する資格でもあるため、真剣な態度で取り組んでいました。

受講者全員合格できました。(令和5年7月8日実技実施)

1948加工.jpgのサムネイル画像1931加工.jpgのサムネイル画像

初めての玉掛け作業、的確な指示で安全を確保し、荷を吊ってコースを回ります。

初めての資格取得へチャレンジ(令和5年度入学生)

初めての資格取得へチャレンジ(令和5年度入学生)

資格名「小型移動式クレーン運転技能講習」

造園科においては、明日の産業を担うスペシャリストの育成を目指して職業資格取得に取り組んでいます。造園作業において利用頻度の多い「小型移動式クレーン運転技能講習」に取り組み、知識・技能の習得を目的として実施しました。初めての資格取得、クレーン操作でもあり、緊張の中講習を終え、最後の操作試験も合格しました。(令和5年9月9,10日実技実施)

ここから始まるぞ、造園技能士への道!!

IMG_0060.JPGのサムネイル画像0062加工.jpgのサムネイル画像

初めてのクレーン操作、講師より操作方法を学び、指定されたコースを回ります。

【第12回生産物即売会開催 造園科】

 12/5(日)に行われた「第12回生産物即売会」。造園科では1年生がベゴニア等の草花の苗、大根・レタス等の野菜販売。2年生はガーデンテーブル・イス・リサイクル竹箸等の販売。3年生は施工室内で卒業作品展を開催しました。準備期間が長い物で約3カ月かけて準備して臨みました。各学年、自分たちが育てた(制作)自慢の一品を誇らしげにお客様に提供している姿は頼もしく見えました。当日は、天気にも恵まれて造園科ブースだけで約1,100名のお客様が参観していただきました。ありがとうございました。

①野菜販売(1年生)

②草花販売(1年生)

③販売の様子

④2年生販売コーナー

⑤3年生卒業作品展

⑥インスタ映えスポット

【第12回生産物即売会における 造園科3年生卒業作品展開催】

 12/5(日)に行われた「第12回生産物即売会」において造園科3年生が、これまでの学習の成果を発表する「卒業作品展」を実施しました。造園科施工室内に各々(2名1班)で設計した坪庭を施工し、更に施工の工程をまとめた報告書を制作・展示しました。また、造園計画の授業で設計した作品集の展示、実習で制作した本棚の販売等、造園科で習得した知識と技術を多くの参観者の皆さんに見学していただきました。ありがとうございました!

①卒業作品展開催

②沢山の参観者が来ていただきました

③好みの作品ランキングのアンケート調査

④生徒作品

⑤生徒作品part2

⑥生徒作品part3

【第12回生産物即売会準備進む 造園科3年生】

12/5(日)に行われる「第12回生産物即売会」に向けて、造園科ではブースの準備が本格化してきました。今回は、2年生が実施したテントの仮設置と大型看板の設置。3年生が実施した、卒業作品展施工を紹介します。

①テント仮設置

②大型看板設置

③大型看板設置part2

④大型看板設置完了2年生全員で記念撮影

⑤卒業作品展施工

⑥卒業作品展施工part2

⑦卒業作品展施工part3

【卒業作品展part2 造園科3年生】

造園科3年生が、これまで学習してきた成果をまとめて展示発表する「卒業作品展」を行います。内容は造園科に入学後、身に着けてきた造園の知識と技術を生かした庭園施工(庭造り)と庭園の設計(手書き設計およびCAD設計)についてとなっています。ともに報告書や作品集にこれまでの取り組みをまとめています。今回は、報告書とCAD作品集が完成し、生徒用玄関に展示会場を設置しましたので紹介します。

①展示会場

②生徒作品集

c

③CAD設計作品

④CAD設計作品part2

⑤CAD設計作品part3

【卒業作品展 造園科3年生】

 造園科3年生が、これまで学習してきた成果をまとめて展示発表する「卒業作品展」を第12回生産物即売会で行います。内容は造園科に入学後、身に着けてきた造園の知識と技術を生かした庭園施工(庭造り)と庭園の設計(手書き設計およびCAD設計)についてとなっています。残念ながら、生産物即売会は、生徒の保護者のみの参観になっていますので、今回はホームページにて紹介します。

①庭園施工の様子

②施工写真part2

③施工写真part3

④施工写真part4

⑤施工写真part5

⑥報告書作成

⑦報告書作成part2

« 食品科学科 | メインページ | アーカイブ | 福祉科 »